シミ に 効く 錠剤 内服 ビタミン剤 サプリ 美白 市販薬 ロスミン キミエホワイト

シミ に 効く 錠剤 内服 ビタミン剤 サプリ 美白 市販薬 ロスミン キミエホワイト

美容家の間で話題の内服薬!
美白の新常識の内服薬!

>>新常識のシミの飲み薬の詳細はこちらから! 

西洋医学のアプローチではシミの改善は難しい!

シミを消すのは、ビタミン剤やLシステインだけでは厳しい。
そう思っている人も多いのでは??

実際に私もそうでした。皮膚科でシナールやハイチオールなどを
飲んだこともあるし、ドラッグストアで一通り、美白関連商品
(サプリ、化粧品、飲み薬)などなど試してきました。

でも、いまでもくっきりあるんですよね 泣

でも、調べていく中で本当のシミの原因が間違ってたってことがわかったんです。

シミの本当の原因はメラニンではない!?

シミの本当の原因はメラニンではなかったんです。
もちろんシミはメラニンでできてますけど、違うんです。

もともとメラニン自体は昔から作られているんです。
ただ、それをうまく排出できなくなっているのが一番の問題なんです。

特に年齢とともに、シミは増えていく傾向がありますが
みんながみんなではないですよね。

その差になっているのが、お肌にしっかり栄養がいっているかどうかなんです。
血行が悪くなる→肌の入れ替わりができない→シミが目立つって流れなんですね。

シミだけを見るんではなくて、シミが何が原因か見ることが大事だったんですね。

漢方薬の専門家が言っています!

漢方薬の吉木医師がこう言っています

皮膚は4週間おきに新陳代謝をくり返し、新しい皮膚ができてきます。この代謝が低下すればいつまでもメラニンは残ったままになり、シミは薄くなりません。 こうした機能の低下をサポートする存在として、漢方が有効なことがあります。

漢方には「気・血・水(き・けつ・すい)」という3つの要素があり、これらのバランスが崩れることで、体に不調が現れると考えられています。このうち肌トラブルに関係する要素が「血」で、これは血液やホルモンのことを指しています。この血が滞って、うまく循環しなくなった状態を「お血」と言います。
お血になると、血流が悪くなるので、肩こりや下腹部の不調、月経不順などを引き起こします。皮膚では代謝がスムーズにいかなくなるので、シミやそばかすのほか、くすみやクマ、湿疹、ニキビなどが起こりやすくなります。

そこで、漢方では、お血を改善する漢方薬を用いて血流を良くすることで、皮膚の代謝を上げ、皮膚を内側から健康にしていきます。さらにお血になりにくい体を作ることで、漢方の効果を高めることもできます。 

引用元:https://www.kampo-view.com/nayami/shimi02.html

要するに、

ホルモンや血流のバランスが崩れることによって
代謝が悪くなり、肌のトラブルになるってことです。

ですから、逆にいうとホルモンバランスや血行を整えて
あげるだけで肌の状態が全然変わってくるんです。

漢方での正しいケアがシミには必要だったんですよね。

シミの本当の原因に効くシミの飲み薬 ロスミン 

シミの飲み薬 漢方

シミの飲み薬はたくさんあるけど、実際に漢方の治療を
取り入れているお薬って実は全然ないんですよね。

私も今まで色んなお薬を飲んできたけど、どれもビタミンCとLシステインばかり。ただシミのメラニンを排出することだけを目的にしたお薬がほとんど。

その点で、このロスミンは唯一漢方の生薬成分を取り入れたお薬なんですよね。

シミの本当の原因にさようするからシミだけでなく、
小じわにも効くお薬として今注目集めているんです。

>>新常識のシミの飲み薬の詳細はこちらから! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで とは 全く 違う シミ の 飲み薬 内服 錠剤 サプリ ターンオーバー 促す 飲み薬 シミ に 効く 薬

今まで とは 全く 違う シミ の 飲み薬 内服 錠剤 サプリ ターンオーバー 促す 飲み薬 シミ に 効く 薬

「どうしてシミの飲み薬を飲んでも効かないんだろう」といった
悩みを長年抱えていました。

今までいろんなCMをしているようなシミの飲み薬も飲んできました。

ドラッグストアに売っているものは一通り試しました。
テレビCMをしている有名なシミ薬も一通り試しました。
皮膚科でもシナールやハイチオールも処方してもらいました。

でも、飲んでみて気づいたのですが、どれも正直あまり大きな差がないってこと。

入っている成分は、若干容量の差はあるけど、実際は
アスコルビン酸(ビタミンC)とLシステインですからね。

どれを飲んでもあまり変わらないのも納得。

でも、そんな中でやっと今までと全く異なるシミの飲み薬を見つけたんです。

>>今までのシミの飲み薬と全く異なるシミ薬!

この飲み薬は今までの飲み薬と大きく違う点があるんです!

もちろん、アスコルビン酸やLシステインといった成分ももちろん
抑えているんですが主成分が別のものなんです。

このシミのお薬、どっちかというと東洋医学に基づいたお薬なんです。

西洋医学はどっちかというとシミならシミを部分的にどうにかしよう!という考え。
それが今までのお薬。

でも、東洋医学では体は繋がっているっていう考えで、
シミも他の影響を受けてできているって考えなんです。

その考えに基づいて作られたお薬がこのシミの飲み薬なんです。

漢方ではシミはこう考えられています。

漢方には「気・血・水(き・けつ・すい)」という3つの要素があり、これらのバランスが崩れることで、体に不調が現れると考えられています。このうち肌トラブルに関係する要素が「血」で、これは血液やホルモンのことを指しています。この血が滞って、うまく循環しなくなった状態を「お血」と言います。
お血になると、血流が悪くなるので、肩こりや下腹部の不調、月経不順などを引き起こします。皮膚では代謝がスムーズにいかなくなるので、シミやそばかすのほか、くすみやクマ、湿疹、ニキビなどが起こりやすくなります。

そこで、漢方では、お血を改善する漢方薬を用いて血流を良くすることで、皮膚の代謝を上げ、皮膚を内側から健康にしていきます。さらにお血になりにくい体を作ることで、漢方の効果を高めることもできます。

吉木医師監修 引用元:https://www.kampo-view.com/nayami/shimi02.html

実は、シミの原因は血流が悪くなったことによって、
皮膚の代謝が悪くなったことによるっていう考えがすっごく納得したんですね。

ホルモンや血液のバランスが崩れていることが原因という考えがすっごく納得しました。

というのも、私自身が顔のシミが一番増えだしたのが妊娠をした時だったんです。

もし、今まで言われていたことのように、メラニンが原因であれば、
妊娠の時に急に増えるのはおかしいなぁと疑問だったんです。

でも、ホルモンのバランスが崩れたことによるのであれば、
私の症状にもぴったりだなぁって妙に納得したんですよね。

そういう意味で、今までになかったシミ薬なんです。

>>今までになかったシミ薬!

シミはもちろん、血流を促してくれるお薬なんで、女性の悩みにぴったり合うのも特徴。
肩こりや冷え性も血行が悪くなるのが原因なんです。

この飲み薬飲んでみるとわかるんですが、飲んだら体がポカポカしてくるんです。

もともと、私はシミもあるんですが、冷え性もひどくて
夏でもソックスを2枚履いて寝るくらいの冷え性だったんです。

そんなわたしでも、この飲み薬を飲んだらポカポカするんです。
やっぱり正常に血行が良くなるとあったかいんだなぁって実感します。

今飲み続けているんですが、シミも飲んですぐ消えるってことは
ないけど、今までよりも厚塗りでカバーしなくても隠せるようになってきました。

同僚にも最近、「化粧変えたの?」と言われるんですよね。

日に日にお肌の調子も良くなってきています。
東洋医学ってすっごく歴史が長くて、病院などでも今積極的に取り入れられているんですよね。

今までのシミ薬で実感できなかった人にこそ実感出来るお薬だと思います。

わたしも飲み続けて、体質からしっかり変えていきたいなぁって思ってます!

>>今までになかったシミ薬の詳細はこちら