シミ に 効く 錠剤 内服 ビタミン剤 サプリ 美白 市販薬 ロスミン キミエホワイト

シミ に 効く 錠剤 内服 ビタミン剤 サプリ 美白 市販薬 ロスミン キミエホワイト

美容家の間で話題の内服薬!
美白の新常識の内服薬!

>>新常識のシミの飲み薬の詳細はこちらから! 

西洋医学のアプローチではシミの改善は難しい!

シミを消すのは、ビタミン剤やLシステインだけでは厳しい。
そう思っている人も多いのでは??

実際に私もそうでした。皮膚科でシナールやハイチオールなどを
飲んだこともあるし、ドラッグストアで一通り、美白関連商品
(サプリ、化粧品、飲み薬)などなど試してきました。

でも、いまでもくっきりあるんですよね 泣

でも、調べていく中で本当のシミの原因が間違ってたってことがわかったんです。

シミの本当の原因はメラニンではない!?

シミの本当の原因はメラニンではなかったんです。
もちろんシミはメラニンでできてますけど、違うんです。

もともとメラニン自体は昔から作られているんです。
ただ、それをうまく排出できなくなっているのが一番の問題なんです。

特に年齢とともに、シミは増えていく傾向がありますが
みんながみんなではないですよね。

その差になっているのが、お肌にしっかり栄養がいっているかどうかなんです。
血行が悪くなる→肌の入れ替わりができない→シミが目立つって流れなんですね。

シミだけを見るんではなくて、シミが何が原因か見ることが大事だったんですね。

漢方薬の専門家が言っています!

漢方薬の吉木医師がこう言っています

皮膚は4週間おきに新陳代謝をくり返し、新しい皮膚ができてきます。この代謝が低下すればいつまでもメラニンは残ったままになり、シミは薄くなりません。 こうした機能の低下をサポートする存在として、漢方が有効なことがあります。

漢方には「気・血・水(き・けつ・すい)」という3つの要素があり、これらのバランスが崩れることで、体に不調が現れると考えられています。このうち肌トラブルに関係する要素が「血」で、これは血液やホルモンのことを指しています。この血が滞って、うまく循環しなくなった状態を「お血」と言います。
お血になると、血流が悪くなるので、肩こりや下腹部の不調、月経不順などを引き起こします。皮膚では代謝がスムーズにいかなくなるので、シミやそばかすのほか、くすみやクマ、湿疹、ニキビなどが起こりやすくなります。

そこで、漢方では、お血を改善する漢方薬を用いて血流を良くすることで、皮膚の代謝を上げ、皮膚を内側から健康にしていきます。さらにお血になりにくい体を作ることで、漢方の効果を高めることもできます。 

引用元:https://www.kampo-view.com/nayami/shimi02.html

要するに、

ホルモンや血流のバランスが崩れることによって
代謝が悪くなり、肌のトラブルになるってことです。

ですから、逆にいうとホルモンバランスや血行を整えて
あげるだけで肌の状態が全然変わってくるんです。

漢方での正しいケアがシミには必要だったんですよね。

シミの本当の原因に効くシミの飲み薬 ロスミン 

シミの飲み薬 漢方

シミの飲み薬はたくさんあるけど、実際に漢方の治療を
取り入れているお薬って実は全然ないんですよね。

私も今まで色んなお薬を飲んできたけど、どれもビタミンCとLシステインばかり。ただシミのメラニンを排出することだけを目的にしたお薬がほとんど。

その点で、このロスミンは唯一漢方の生薬成分を取り入れたお薬なんですよね。

シミの本当の原因にさようするからシミだけでなく、
小じわにも効くお薬として今注目集めているんです。

>>新常識のシミの飲み薬の詳細はこちらから! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です